ファンができる美容師とは

高い技術とコミュニケーション能力の2つを兼ね備える

美容師となった以上、トップを目指したいと思うのは当然のことです。
しかし、多くの美容師がいる中、ファンが多くて人気のある美容師と、そうではない美容師がいるのはどうしてでしょうか?何が決め手になって、美容師を2つに分けてしまうのでしょうか?

美容師として成功するには、もちろん高い技術を持っていることが何よりも大切ですが、それだけでは成功できません。
美容師はお客さんがいて初めて仕事ができるのですから、お客さんを自分に惹きつけておく必要があるのです。

そのためには何が必要かというと、それはコミュニケーション能力です。
つまり、お客さんと上手に接するということ。

腕が良くでも話しが上手くできなかったり、ムスっとした顔をしている美容師にはファンはできません。
逆に、話しは面白いけれど、腕が悪い美容師にもファンはできません。

美容師として成功させるには、この両面が兼ね備わっていることが必要なのです。
美容師とは、本当に大変な仕事です。

お客さんと上手に接するということは、髪の毛をカットしたりする間、楽しく会話をするということだけではなく、お客さんに信頼されることが大切です。
上辺だけお客さんに話しを合わせても、それはいつかは見破られてしまい、他の美容師にお客さんを取られてしまうことでしょう。

お客さんに信頼されるためには

では、お客さんに信頼されるためにはどうすれば良いのでしょうか?
とても難しそうに思えますが、美容師として当たり前のことをするだけです。

例えば、お客さんが希望するヘアスタイルに、そのお客さんの髪質が合っていない場合、美容師はそのヘアスタイルにすることはできないということをお客さんに告げなくてはいけませんが、お客さんによっては納得できずに美容師の腕が悪いからだと怒り出す人もいますし、何がなんでもそのヘアスタイルにしてくれと、無理強いをする人もいるでしょう。
しかし、そのヘアヘアスタイルにしても、絶対にその髪質ではまとまらないわけですから、結局は美容師のせいにされてしまいます。

そんな事になってしまうと、お客さんとの関係も最悪な状態になり、そのお客さんは二度とその美容室を訪れることはないでしょう。
それを避けるためには、精神誠意、そのヘアスタイルにできない理由を説明し、お客さんに納得してもらうことです。

そして、そのヘアスタイルに代わるヘアスタイルを提案する等して、お客さんと十分に話しをしながら解決策を練ることが大切です。
そうすることで、この美容師は私のことを一生懸命に考えてくれているという印象を持たれ、やがてそれは信頼に繋がっていきます。

トラブルを避けて、お客さんの言う通りにして、後は責任取れませんでは、お客さんに信頼してもらえず、ファンもできません。
1人、1人のお客さんを大切に思い、精神誠意接する美容師がファンを獲得できるのです。

Comments are closed.