ノンシリコンシャンプー

シリコンは悪者?

最近はノンシリコンシャンプーの人気が高まっています。
あたかもシリコンが髪に悪い影響を与えているような印象を受けてしまいますが、シリコンは髪にとって悪者なのでしょうか?

美容師の間でもノンシリコンシャンプーを利用する人が増えていますが、それは、シリコンを使用したシャンプーを使用すると、シリコンで髪がコーティングされてしまうため、パーマ液やカラー剤の浸透が悪くなるからです。
決してシリコンが髪に悪いわけではありませんので、誤解しないようにしましょう。

シリコンは、悪者扱いされていますが、髪にツヤを与え、滑らかにする役割を担っています。
ですから、髪がパサついている人やどうしても広がってしまいまとまらない人には必要な成分と言えます。

ノンシリコンのシャンプーを使用した場合、髪はコーティングされていない状態になりますので、ツヤを出すためにどうしてもオイル系の整髪料を使用することになると思いますが、そちらの方がどれだけ髪にダメージを与えるか分かりません。
大切なのは、シャンプーを使用する人の髪質にシリコンが合っているかどうかということです。

シリコンを使用した方が良い髪質の人も多いので、正しい知識をお客さんに与えるようにしましょう。
シリコンは、頭皮に付いてもシャワーで洗い流せる成分ですので、体に害を与えるものでもないということを理解しておいてください。

シリコンを理解しよう

そもそも、シリコンとは何で作られているか知っていますか?
シリコンが体に悪いというイメージは、化学物質であるという間違った知識が根底にあるようです。

シリコンは、ケイ石という天然の石から作られていて、石油などで作られた化学物質ではありません。
その特徴は、無機質と有機物の両面の構造を持っていて、分子の結合を変えることでオイルになったり、コート剤になったり、ゴムになったりと、物体を変える優れた物質です。
安全性が高い物質ということで、最近は医療用のチューブや哺乳瓶の乳首、調理器具などにも使用されています。

また、近年人気の女性用のヌーブラにもシリコンが使用されています。
アレルギーも起こり難い物質で、しかも耐久性に優れているので、産業用の部品の一部としても使用されるようになっています。

ですから、シリコンは決して体に害がある物質ではありません。
焼却してもダイオキシンなどの有害物質を発生させることもありませんので、人にも環境にもとても優しい物質と言えます。

シリコンシャンプーとシリコンシャンプーはどう選ぶ?

ノンシリコンシャンプーが人気になっていて、これまでシリコンシャンプーを使ってきた人にとっては、自分もノンシリコンシャンプーに変えた方が良いのでは?と思う人も多いことでしょう。
美容師は、お客さんからこのような質問を受けることが多いので、しっかり答えるように努めましょう。

一般的に、シリコンシャンプーを使用していて、何も問題が無ければ、そのままシリコンシャンプーを使っていて構わないということです。
もし、現在使用しているシャンプーで、洗いあがりが何となくさっぱりしないと感じている人や、髪がベタついてしまうという人は、シリコンによるコーティングが原因かもしれませんので、ノンシリコンシャンプーに変えることをすすめると良いでしょう。

髪のボリュームが少ない人や、髪が細い人などはこの傾向にあるようです。
お客さんの髪質をよく見極めて判断するようにしてください。

Comments are closed.