美容師が市販のシャンプーを使わない理由

市販のシャンプーは危険!

多くの美容師は、美容室でお客さんの髪を洗うのに市販のシャンプーを使用しません。
それは、業務用で高品質のシャンプーを使っているからでしょ?そう思っている人が多いのではないかと思います。

それも一理ありますが、それだけではありません。
美容師が市販のシャンプーを利用しないのは、とても危険だからです。

シャンプーが危険?初めて聞いたという人も多いことでしょう。
実は、市販のシャンプーには体に害がある成分が色々と使用されているのです。

その代表的な成分がラリウル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムです。
これは、界面活性剤として使われている成分で、シャンプーの泡立ちを良くする働きがあります。

泡立ちを良くするだけなら良いのですが、これらの界面活性剤には石油から作られている合成界面活性剤というものもあり、非常に毒性が強いのです。
しかも、皮膚に浸透しやすく、体内に残留しやすいという最悪な特徴を持っています。

そんな毒性のある市販のシャンプーを使い続けると、頭皮に湿疹ができるなどのトラブルが起こるだけではなく、大きな病気の原因にもなりかねません。
そんな怖いシャンプーだから、美容師は決してお客さんに使用しないのです。

頭皮のトラブルだけじゃない

市販のシャンプーの怖さは、頭皮のトラブルだけに留まりません。
石油から作られた合成界面活性剤は、分子が小さいために、頭皮から一瞬の内に体内に浸透してしまうので、シャワーでシャンプーを洗い流しても、毒性は体内に浸透してしまった後。
もう後の祭りなのです。

体内に浸透してしまった合成界面活性剤は、排出されることなく体内に留まってしまうことが多く、特に女性の場合は子宮に残留してしまうと言われています。
それが原因で、近年はひどい生理痛や生理不順、無排卵などで苦しむ女性が増えているのです。

それだけではありません。
シャンプーの合成界面活性剤のせいで、奇形児が生まれる確率がとても高くなっているのです。

合成界面活性剤が子宮に蓄積して、胎児の成長に悪影響を与えているのです。
破水した女性の羊水からシャンプーの匂いがしたという報告もあります。

日本は、実は、世界でも有数の奇形児出産国。
世界のどこの国よりも技術が発達している日本で、多くの奇形児が生まれているのは、国民がシャンプーの危険性を自覚していないせいだと言われています。

他にも、合成界面活性剤は、発がん性を高めるという報告もあります。
現在使用しているシャンプーに、合成界面活性剤が使用されているなら、すぐに使用を中止しましょう。

そして、天然の界面活性剤を使用している無添加のシャンプーを使用することをおすすめします。
泡立ちは少々悪くなりますが、病気になるよりマシのはずです。

また、シャンプーの他にもコンディショナーやボディーソープ、歯磨き粉やマウスウォッシュ、化粧品などにも有害な化学物質が使用されています。
病気になりたくなかったら、購入する前にきちんと成分表を確認するようにしましょう。

Comments are closed.