【シリーズ】お客様に聞いた、美容師へのホンネ!

お客様の立場にたってみよう

美容師がいざ仕事をするとき、
第一に考えなくてはいけないのは「お客様」です。

そのお客様からの要望に応えるために、多様なスキルやツール、
今までの経験が必要になってくるわけですね。

美容師の仕事は、やはりサービス業ですから、お客様にとって何が必要なのか、
現在は何を必要とされているのかを、素早く見極め、最良の行動をとる必要があるのです。
お客様の満足あってこそ、成り立つ仕事というわけです。

しかし、いざ「お客様の満足」と言われても、ピンと来ない場合もあるのでしょう。
その場合は、自分がお客様だったらどうしてほしいかという、とても当たり前の部分に
立ち返って見るのが良いのです。

お客様の視点からみて、そのときの店舗の状態や、美容師のサービスは
どういった効果があるのか。どういう風に感じて、更に、「どうしてほしいのか」を
知るたけではなく、「どうしたらもっと良いのか」を考えられるようになれば、
お客様の満足度は上昇していくと言えるのです。

迷ったとき、分からなくなったときには、一度お客様の視点に立ち返ってみてください。
目線の高さも、店舗に対する印象も要望も、美容師のそれとは当たり前に違うのだと
思うと、自然と見えてくるものも変わってくるはずですよ。

お客さんの美容院選びからヒントを得る

このようなサイトからも、有効な情報を引き出すことができます。
>>失敗しにくい美容院の選び方
こちらはお客様側の視点に立った情報になりますが、
実際に利用する人はどういったお店を選びたいと考えるのか、ということを
知ることによって、自分がどういったお店に勤めるのが良いのか、どのように
働くことが良いのかといったことを知ることができます。

お客様がどういった美容院を求めているのか、ということを今一度考えてみましょう。
そのことから、また視野が広がっていくかもしれません。

お客様の声

10代女性 Aさん
20代男性 Dさん
40代女性 Gさん
20代女性 Bさん
30代女性 Eさん
20代女性 Cさん
30代男性 Fさん