ファッションにおいて、柄というのは非常に重要な要素なります。
その分、トレンドを意識して取り入れていくことも、コーディネートの上では非常に重要です。
今回は、そんなファッションの場面で覚えておきたい柄と、その名前や由来について
紹介していきます。

アーガイル

アーガイル柄は、格子模様の一種です。
数色の菱形と線が組み合わされた模様で、
様々なファッションアイテムに使用されることがあります。

インナーからジャケット、ボトムスから靴下、バッグやアクセサリー類まで、
多様な方法で取り入れることが出来る柄と言えるでしょう。

名前の由来は諸説がありますが、スコットランド西部のアーガイル地方に
住んでいた氏族の身につけていた民族衣装等に用いられていた柄であることから…
という説が有力とされています。

ガンクラブチェック

ガンクラブチェックは、格子模様の一種です
同色の濃淡、あるいは二種類のチェックを組み合わせた模様で、
ジャケットなどの大ぶりなものから、ヘアアクセサリーやマフラー、
ネクタイなどの小物アイテムにも利用される柄となっています。

名前の由来は、1874年にアメリカ狩猟クラブが結成された際に、
ユニフォームの柄となっていたのがこの模様だったためと言われています。

ペイズリー

ペイズリー柄とは、勾玉模様や渦巻き模様とも呼ばれる柄です。
和訳した場合、松毬柄とも呼びます。その名前の通り、松かさ、菩提樹の葉、
または太極図にも似た、水滴状の模様を指します。

ネクタイやワイシャツ、ショールやインナー類、スカーフやハンカチなど
、差し柄として使われることが多く、全世界で広く愛されている模様であるため、
ドレスアップの場面などでも重宝する柄であると言えるでしょう。

原型は古代ペルシャからと言われる、歴史の古い柄でもあります。
模様の由来が、そのまま名前の由来に繋がっている説が濃厚です。

レオパード

レオパードとは、ズバリヒョウ柄のこと。
ブームを繰り返しているアニマル柄の代表的なひとつであり、
近年のファッションアイテムでは、「ちょい足し」として利用する場合も
あれば、大胆に大きく利用する場合もあるなど、様々な方法でコーディネートに
活かしていくことが出来る柄です。

名前の由来は、ヒョウの毛皮というそのままの意味から。
ぱっと目を引く柄として重宝される傾向が強いと言えるでしょう。

ドット

言わずと知れた「水玉模様」のことです。
メインの柄としても、差し柄としても利用できますし、
小物類にも活かしやすい柄であると言えるでしょう。

レディースのイメージが強いですが、
メンズでも十分味わいを出せるアイテムもたくさんあります。
ネクタイや靴下などは、その代表的な例と言えるでしょう。

名前の由来は、「点」を表す「ドット」から。

ドット柄にも種類があり、コイン大の大型水玉模様のことを
「コイン・ドット」、それより小型の水玉模様を「ポルカ・ドット」、
更に小さい水玉模様を「ピン・ドット」言います。

また、ドットを連続して使用することで、ストライプの縦縞模様を
演出した柄を、「ドッテッドストライプ」と言います。

柄の名前やその由来は、他にもたくさんあります。
>>柄の種類の一部を紹介
こういったサイトを見てみると、「柄」と一口にいっても
さまざまな種類があることがわかりますね。

店頭に並んでいる服を何気なく見ていたという方も、
どういった柄があるのかということを改めて考えながら見てみると面白いかもしれません。
自分のファッションの中にうまく取り入れていくことによって、ワンランク上のファッションを
目指すことができますよ。