流行色を取り入れるメリットは?

毎年決まる流行色は、いつの間にか勝手に広まっているわけではなく、
「日本流行色協会」が発表しているものなのです。

ファッションの世界では、流行カラーをおさえておくのは、
シーズンごとのトレンドアイテムをおさえるためのマストな方法ですが、
一般社会法人が発表したアパレル業界のアイテム状況を見定めているのと
同じことなのです。

こう聞くと、なんだか大仰に感じるかもしれませんが、要するに
この日本流行色協会(jafca)の情報を元に、それぞれのブランドごとに
流行色を取り入れたアイテムを発表しているということ。

こちらのサイトに詳しい概要が掲載されています。
>>流行色について知りたいならjafca
ファッション雑誌やテレビ番組などで取り上げられたそれを、
自分のファッションスタイルに合わせて、適宜取り入れていくことが、
トレンドカラーとの良い付き合い方というわけです。

トレンドカラーだからといって、無理にすべて
取り込んでしまうだけでは、ファッションとしては完成しません。
全体のバランスは、ファッションの場においてはとても重要です。

その一方で、「これだけはおさえておきたい!」というカラーを
取り入れておけば、トータルバランスがとても取りやすくなることもあるのが
「流行色」のメリットというわけなのです。

流行色ってどのように決まるの?

流行色情報の検討は、実はそのシーズンの二年も前から始まっています。

国際流行色委員会の「インターカラー」によるグローバルなカラー選定や、
色彩動向調査、そして社会の動向調査などから色彩情報を収集し、
各業界の専門家たちで構成されている委員会で、ファッションカラーが選定されます。

そして約一年半前になると、日本流行色委員会の部会員に情報が発信され、
そこから商品の企画や検討などが始まります。

実シーズンまでには、合計で三回のタイミングで、
最適なカラートレンドの情報が提供されることになっていますから、
実際のシーズンに素早くトレンドカラーを取り入れたアイテムが
店頭に並ぶのは、こういった事前の動きがあってこそというわけです。