素材

洋服に使われる素材は、実に様々なものがあります。
ファッションアイテムでは、しばしば素材そのものが
トレンドアイテムとして多数登場する場合もあります。

洋服そのものではなく、バッグやアクセサリー、シューズや
ヘアアクセサリーなどの小物として合わせることで、コーディネートを
作っていくこともできます。

素材が変わることで、見た目の印象が大きく変わるのはもちろんこと、
季節感の演出にも一躍買うようになります。当然ながら素材が違うことで
着心地が変わり、気候による温度調整等にも関係してきます。

下記のサイトにはたくさんの素材が紹介されており、それぞれに特徴もあります。
>>洋服の素材の種類
ここでは、こういった洋服によく使われる素材の一部を紹介していきたいと思います。

綿(コットン)

日本の衣類のうち、実におよそ40パーセントは、この綿製であると言われています。
天然素材の中では、最もポピュラーなものであると言って良いでしょう。
合成繊維の素材として利用されることもあります。

肌着としても多数利用されているように、肌触りの良さが最大の特徴です。
また、水分の吸収能力や発散能力が高いため、汗をよく吸い、乾きも早いため、
日本のような湿度の高い土地には適している素材なのです。

涼しい夏を過ごすためのアイテムに多用されているのは、このポイントがあるからです。
適度な強度もあるため、長持ちしやすいアイテムを作りやすいのもメリットのひとつ。
度重なる洗濯にも耐えることができるため、管理がしやすいのです。強度を上げるため、
ポリエステルと混紡とされることもある素材です。

デメリットとしては、シワになりやすい部分や、縮みやすい部分などが挙げられますが、
前述したポリエステルとの混紡によって、その弱点はかなり改良されています。

羊毛(ウール)

その名の通り羊の毛であり、それを織った布も「ウール製品」とします。
天然素材のひとつであり、生後六ヶ月の子羊から取られる「ラムウール」や、
メインの「メリウール」、「アンゴラ」や「モヘア」、「カシミヤ」なども
「ウール」の仲間に含まれます。

コートやマフラー、手袋などのアイテムに多用されるように、保湿性と保温性が
最大の魅力と言えます。冬のアイテムには欠かせない素材となっています。
シワになりにくいのもポイントのひとつ。

一方デメリットとしては、洗濯をすると縮みやすいため、
一般家庭での洗濯が難しい点でしょう。

服につく虫の害や、日光による黄変などの弱点もあるため、
手入れや保管に気を遣う必要がある素材です。羊毛という特性上、
肌の弱い部分に直接つけるアイテムには向きません。

麻(リネン、ジュート、ラミー、ヘンプ)

麻の種類自体は20種類ほどありますが、その一部は下記のサイトにて紹介されています。
>>麻の種類
一般的には「リネン」か「ラミー」を「麻」と言います。

品質表示では、麻と統一として表記していいのは、この二つだけです。
「ジュート」は「黄麻」のこと、「ヘンプ」は「大麻」のことです。
それぞれ天然素材の中では、最も涼しさを演出しやすい素材と言われています。

通気性が高く、水分の吸収や発散が早いため、汗をかいた夏でも肌にへばりつくことなく、
すぐに乾いてくれます。このように、高温多湿な日本の夏にはよく合っている素材で
あるため、夏場のワイシャツ等にも多用されています。

汚れが落ちやすい素材でもあるため、肌着やハンカチなどのアイテムにも
使用しやすいというメリットがあります。天然素材の中では、最も強度に優れているため、
洗濯がしやすいのもポイントのひとつでしょう。水に濡れると強度が増すという
特性もあります。

アクリル

化学繊維のひとつであり、柔らかい肌触りが特徴の素材です。
ウール(羊毛)に似た性質を持っており、ふっくらとした暖かみは、
ウールより安価でありながら洋服に適している素材であり、染色もしやすいため、
アパレル業界では重宝されています。

弾性回復力が高いため、シワになりなくく、洗濯しても型崩れを
起こしにくいのがポイントです。虫や薬品にも強いため、一般家庭でも
手入れや保存がしやすいと言えるでしょう。

デメリットとしては、熱に弱い素材であるということが挙げられます。
毛玉になりやすい素材でもあります。

ナイロン

柔らかな肌触りと光沢が特徴の化学繊維です。
摩擦等に強い丈夫な素材で、厚みがある衣服にも使用しやすいというメリットがあります。

吸水性が低いため、乾燥にかかる時間が短く、洗濯のあともスムーズに処理することが
できるようになっています。汚れにくい特性があり、非常に軽い素材でもあるため、
アウトドアやスポーツ関係の衣服にも使用されることが多くなっています。

デメリットとしては、熱に弱く、静電気がおきやすいという点が挙げられます。

このように、洋服に使われる素材にはさまざまな種類があります。
こういった点についても意識して服を選んでみるのも良いかもしれません。