服の雰囲気

美容師がお客様のヘアスタイル要望を把握するために、ファッションの雰囲気は非常に役立ちます。
どんな服を着ているのか、どんなバッグを持っているのか、靴はどんなタイプのものか、アクセサリーはしているのか…色合いから形、柄やブランドなど、参考にできるヒントが多数潜んでいるのです。
女性であれば、どんなメイクをしているのかも大きな要素のひとつとなるでしょう。
来客時に着ている服や、全体のファッションを見つめることは、そのお客様の性格を把握することになり、ヘアスタイルを作っていく際にも役立てることができるわけです。

カラーにおける性格分析を挙げてみましょう。
「ブラック」を多く取り入れている人は、傾向として強い意思を持っており、支配への反抗心があると言われています。
クールさや知的さ、スマートさを演出しやすい黒色は、このような深層心理を映し出している可能性が強いわけです。

同様に、「グレー」を身に着ける心理を分析していくと、その人の順応性の高さや、相手を立てる気質が見られます。
灰色は控えめな人が多く選ぶカラーと言われており、周囲と同調するのが上手である反面、消極的になって自分をアピールするのが難しい場合もあります。
また、神経質になっていたり、気持ちが不安定な時期にチョイスする色でもありますが、何ものでも受け入れられる忍耐力が強い時期に選ばれる色でもあるのです。

そこを行くと、「ホワイト」は誠実さと強さの表れと言えるでしょう。
心身が浄化され、明るく素直な心理状態の人が身に着けることの多い色です。
気持ちが前向きなときに選ぶカラーでもあります。

同様に、「レッド」も前向きで力強い気質の人が好んで選ぶ色とされています。
熱いエネルギーを外に発散したい人、外向的で刺激を求めている人は、赤色をファッションに取り入れる傾向があります。
はっと目を引く色であるため、他人をリードし、導いていくような性格の人にも選ばれます。
広告や販売カラーによく用いられることからも、それを窺い知ることができます。

同じように、広告関係によく利用される「イエロー」は、開放的な気持ちや、他人との近距離の象徴。
赤色ほどエネルギッシュではありませんが、温かく、目を引く色味です。
コミュニケーションカラーでもあるため、人との距離を縮めたいとき、無意識に人を求めている場合に選ばれる色であると言えるでしょう。
新しいものが好きな人にもチョイスされるカラーなので、ファッションの面にもそれがよく現れている場合があります。

逆に、落ち着きを求めている人の場合は、「ブルー」。
大人っぽく理知的な印象を与える青色は、日本人からも愛されているカラーです。
礼儀正しく、感情をコントロールできている人が求める一方で、自尊心が高く、負けず嫌いな人も青色はよく身に着けるとされています。

この二つの色合いの間の子のような、調和や癒しの象徴としては「グリーン」でしょう。
優しさや穏やかさ、平和を連想させるグリーンを身に着ける人は、誠実で思いやりが深い人が多いものです。
また、そのような人になりたいという思いを抱いている人も、緑色をチョイスする傾向にあります。

「パープル」は感受性の豊かさを象徴するカラーです。
神秘的でセクシーな印象を与える紫色を好んでファッションに取り入れる人は、既にそのような気質がある人や、そうなりたいという願望を抱えている人。
芸術性に優れたい、俗世と離れて生きたいなど、一段階上の理想を持っている人が選ぶ色とも言われています。