髪の長さ、痛み具合

お客様が「どうなりたいか」を把握するために、来客時にはその人の髪の長さや傷み具合をしっかりチェックするようにしましょう。

なりたい髪型やイメージしている髪型をお客様からうまく引き出すには、まずは美容師が現状をしっかり把握していなければいけません。
明確なイメージを持っているお客様もいますし、中には写真や具体的な例を挙げてくれる人もいます。
そういう人の場合は、その後の施術にうまく持っていくための方法を考え、適宜伝えていく工夫が必要です。
長さや傷み具合で、どうしても難しい場合もあります。
カラーやパーマの場合は特に、髪の耐性が必要になりますから、次回以降にそのヘアスタイルに持っていけるよう、トリートメントのケアや、傷んだ部分のカットを施していく必要もあります。
美容師がこれらをうまくまとめ、お客様にとって不快にならないように伝えるのもまた、必要なテクニックのひとつと言えるでしょう。

具体的なイメージを持っていないお客様や、「なんとなく」程度しか思い描けていないお客様の場合、美容師がチエックした髪の長さや傷み具合などによって、髪型をアドバイスしていくことが必要になります。
中には、「美容師さんに相談して決めよう」と思っている人もいます。
イベントごとが近かったりすると特に多いです。
装業式や成人式、友人の結婚式などが近く、それに合わせてケアやカット、パーマなどを施してほしい場合は特にそうですね。
美容室にある雑誌などで具体的なイメージを提示しながら、適宜お客様から情報をもらい、検討していくスキルも求められます。
「お任せで」というオーダーをされるお客様もいます。
具体的なイメージが抱けないため、美容師のセンスに任せようということですから、責任重大です。
しかし、「お任せ」というのは、「なにをしてもいい」「どんな風になっても納得する」という意味ではありません。
よほどひどい失敗をしなければ、文句は言わない…というタイプのお客様はいるかもしれませんが、「お任せ」というのは、「素敵な髪型にしてほしい」というリクエストと同じです。
そのためには、お客様が言葉にしない、例を出さないでいる理想を見抜くスキルが求められるというわけです。
現在髪を伸ばしている人であれば、「切るか」「切らないか」でも十分なヒントになります。
「切る」ならば、どの程度まではオッケーなのか、など。
傷みがある人であれば、パーマやカラーなどのアプローチも変わってきます。
「長さ」と「傷み具合」のチェックは、理想のヘアスタイルに持っていく前の大きなヒントになるのです。